遷移金属カルベン錯体を用いたフラーレンの分子変換による革新的な光電変換材料の開発

山田道夫
(東京学芸大学 教育学部自然科学系 准教授)

2015年12月7日月曜日

出版書籍の紹介

私も分担執筆を務めた書籍がSpringerから刊行されましたのでご紹介致します。


Book title: Chemical Science of pi-Electron Systems
                    (Eds.: T. Akasaka, A. Osuka, S. Fukuzumi, H. Kandori, and Y. Aso)
http://www.springer.com/us/book/9784431553564


ここではπ電子系の化学に焦点を当て、
平面π電子系、曲面π電子系、ポルフィリノイド、開殻π電子系、
ヘテロ原子を含むπ電子系、π電子系の超分子化学、
π電子系の機能創出、生体π電子系、
といったところの最先端研究がまとまっております。
ハードカバー279ドル、電子版219ドルだそうで、
ぜひご購入いただければと思います。


2 件のコメント:

  1. 参考までにおしえてください。
    こういう本って、内容にも依るのでしょうが、一般的に何冊ぐらい刷られ、何冊ぐらい販売されるのでしょうか?研究室や図書館の数だけ売れるのでしょうか?

    返信削除
  2. 山田先生,ご出版おめでとうございます.

    豪華な著者勢ですね.
    私も一時期当該分野におりましたので(MITのT. Swager研に留学していましたし,前職は阪大・戸部先生の真下のラボでした),華やかな研究分野に羨ましく思います.
    現在は分野を離れてしまいましたが,是非読んでみたいと思います.

    返信削除